このエントリーをはてなブックマークに追加

6月

11

SSDによる物体検出 理論と実装

Registration info

教室受講

4900 (Pre-pay)

FCFS
7/9

ライブ受講(動画のURLは講座開始前にアンケートに書いていただいたアドレスに送ります。)

4900 (Pre-pay)

FCFS
5/7

About Prepayment

About Prepayment Contact Info:

(Only shown to attendees.)

Cancel/Refund Policy:

前払いの方で急遽参加できなくなってしまった場合は、動画(一部講座のみ)・資料配布またはキャンセルに応じます。
連絡先のメールアドレスまたはLINE@(推奨)にご連絡ください。キャンセルの場合は、開催日の4日前までのご連絡に限り、払い戻し手数料を差し引いた金額を返金いたします。それ以降は返金には応じ兼ねますのでご了承ください。

領収データの発行:

発行しない (詳しくはこちら)

Description

概要

本講座のテーマは物体検出 (Object Detection) です。
講座内では、物体検出の代表的なアルゴリズム (SSD) を解説しながら、PyTorchを用いた実装をハンズオン形式で行います。

対象者は「ディープラーニングで画像の分類まではできるけど、更に発展した画像認識を行いたい」方です。

物体検出は近年のディープラーニングの発展によって急速に成長している研究分野です。 本講座では、主に代表的なモデルである SSD の理論を解説します。 Python によるコード実践もすることで、実際の画像認識で活きるスキルを身につけることができます。

※本講座は、動画復習対応講座でございます。受講した翌日から3日間、動画を公開いたします。聞き逃してしまった箇所の補填やより深い理解のためにお役立ていただけると幸いです!

講座を通じて得られること

・物体検出の概要把握
・代表的なモデル (SSD) の理解
・画像認識における実践的なコーディングスキル

内容

・物体検出とは
・物体検出における損失関数、評価
・SSD 解説
・SSD 実装
・他モデルの紹介

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

講座一覧のフローチャート

どの講座から受講したら良いのかわからないというような方は、下記のフローチャートを参考にしていただければと思います。

Alt text

事前準備・持ち物

Python3をインストールしたPCの持参をお願いいたします.

また以下のライブラリをインストールするようにお願いいたします。
・PyTorch
・NumPy

また,講義はJupyter Notebookを用いて行いますので,インストール頂いたほうがスムーズに講座を受けることが可能です.
※インストールでお困りの方はinfo@to-kei.netまでご連絡いただければ、可能な範囲で対応致します。

こんな人にオススメ

  • 深層学習を用いた高度な手法に挑戦したい方
  • 物体検出に興味のある方
  • SSDの理論の理解及び実装を行いたい方。

講師

柳浜万里
京都大学大学院にて、世界初のモデルとなる機械学習を用いた地震予測手法の開発に従事。kaggle(データ分析コンペ)にてメダル獲得経験あり。AVILENではデータ分析講座の講師リーダーを務める。深層学習を応用したプロジェクトにも携わりつつ、法人研修の講師なども積極的に行う。

領収書について

【Stripeで事前決済の方】
クレジットカード会社が発行する明細を領収書の代わりとしてご利用ください。

【Paypalの方】
決済処理後にPaypalから送付されるメール内容、またはPaypalの取引履歴から該当項目を確認の上、「詳細」をご覧ください。それらが領収書の代わりとなります。また、クレジットカード会社発行の利用明細書も領収書としてご利用いただけます。

【別途領収書発行が必要な方】
別途発行手数料として1000円頂きます。必要な方は、以下のフォームよりご申請ください。領収書発行手数料と受講料金を合算した金額で発行いたします。
全人類がわかる統計学 領収書発行フォーム

受付・入場時間

開始の15分前から

※なるべく5分前までにお入りください。
※途中参加も可能です。

お問い合わせ

・メールでのお問い合わせは、info@to-kei.net までご連絡ください。
・こちらで⇨LINE@からもお問い合わせいただけます。(推奨)

注意事項

・リクルーティング、勧誘、採用活動など、目的に沿わない行為につきまして、主催者が相応しくないと判断した場合は即刻退出処分とします。全員が気持ちよく過ごすことが出来るよう、ご協力をお願い致します。
・講座内で扱うコンテンツは全て「全人類がわかる統計学」に帰属しています。複製はご遠慮ください。
・個人ブログへの講義コンテンツの掲載はご遠慮ください。
・最小遂行人数は「3名」です。開催日の前日までにこの人数に達しない場合は中止となります。ただし、複数の媒体で募集を行っているので、本サイトの申込者数が最小遂行人数に達しない場合でも開催になる場合がございます。もし、中止が決定した場合はその時点で「全額返金」し、登録しているメールアドレスにご連絡させていただきます。

全人類がわかる統計学とは

株式会社AVILENが運営するサービスです。統計学・機械学習の学習用サイト全人類がわかる統計学を運営、管理するほか、社会人向けのAI人材やデータサイエンティスト育成のための教育事業を行なっております。 統計学や機械学習を、出来るだけわかりやすく多くの人々に届けるということを目指して活動しています。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

avilen

avilen published SSDによる物体検出 理論と実装.

05/28/2019 18:44

SSDによる物体検出 理論と実装 を公開しました!

Ended

2019/06/11(Tue)

19:30
22:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/05/28(Tue) 18:44 〜
2019/06/11(Tue) 22:30

Location

秋葉原駅徒歩5分

台東区台東1丁目11番4号 誠心Oビル3F

Organizer

Attendees(12)

ohashi7777

ohashi7777

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

otouhu281

otouhu281

SSDによる物体検出 理論と実装 に参加を申し込みました!

ayukat1016

ayukat1016

SSDによる物体検出 理論と実装 に参加を申し込みました!

NatsukiSano

NatsukiSano

SSDによる物体検出 理論と実装 に参加を申し込みました!

tamatamatama

tamatamatama

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

AkiFukumoto

AkiFukumoto

SSDによる物体検出 理論と実装 に参加を申し込みました!

kiyo16460064

kiyo16460064

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

山下

山下

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

hiroshi

hiroshi

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

H_Abe

H_Abe

SSDによる物体検出 理論と実装に参加を申し込みました!

Attendees (12)